さあ、飛ぼう!

ヨーロッパ発信の旅行関連情報

2月のテッサロニキ2泊3日の旅・旅のまとめ

【スポンサーリンク】

これでギリシャ・テッサロニキへの旅ブログ終了です。途中から欧州でのコロナウイルス蔓延で仕事の調整や自宅勤務などバタバタして、ブログの更新がすっかり遅れぎになってしまい、2月の旅だったのに4月までかかってしまいました。

f:id:Oni-Taiji:20200405021851j:plain

www.oni-taiji.com

エーゲ航空のフライトレビュー

エーゲ航空のマイレージプログラムMiles+Bonusでのスターアライアンス・ゴールドステータス延長のため、年に1-2回は利用しています。ギリシャは行きなれると天気はいいし、物価は安めだし、食べ物おいしいし、ただのマイル修行だけでなく十分に旅を楽しめます。今回は帰りのフライトのみゴールド会員に配られるクーポンを利用し、ビジネスクラスを利用しました。3時間程度のフライトだし、座席は通常のエコノミーの3x3で3人掛けの真ん中がテーブルになっている、欧州型ビジネスクラスですが、食事は大いに楽しめました。

www.oni-taiji.com

空港と市内間の移動

公共交通機関はバスかタクシーのみでテッサロニキに市内交通用の電車や地下鉄はありません(計画はあるがとん挫)。

そのため、金額的にはバスが絶対的に安いです

空港から市内までは『01X番のバス』が便利。料金も距離に関係なく一律2ユーロです。バスは一時間に3-4本のようです。

http://oasth.gr/#en/

乗車後、バスの中で必ず消印のため、機械に差し込んで捺印してください(していないと無賃乗車になります)。

また、所要時間は旧市街中央まで約1時間です(タイムテーブルではもう少し短いですが、渋滞等で必ず遅れます)。

f:id:Oni-Taiji:20200405163447j:plain
f:id:Oni-Taiji:20200405163449j:plain

空港を出てすぐに目の前にバス停があるので迷うことは無いかと思います。

バス乗り場のそばにチケット売り場があり、英語で市内までといえばチケットを売ってくれます(往復チケットは無いようです)。

自動販売機等は無いので、並んで買うしかありません(チケット売り場は1か所で1窓口しか開いていませんでした)。

f:id:Oni-Taiji:20200405163706j:plain

市内から空港に戻る場合も同じバスです。

チケットはバスの中にある券売機でも購入できるとのことでしたが、このバスは時間帯よってはかなり混んでいて、乗る停留所によっては券売機までたどり着けない可能性も強いです。なので、旧市街の中央にあるチケット売り場で事前に購入しておくほうがよいかも。日付は乗車の際の消印で打ち込まれるので、当日購入でなくても大丈夫です。まあ、一番良いのは、市内へ向かう際に帰りのチケットも購入しておくことじゃないでしょうか。

f:id:Oni-Taiji:20200405164158j:plain

観光ポイントの紹介

見どころは旧市街全域に散らばる『テッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群』につきます。

ほとんどの見どころは徒歩圏内ですし、山の上のアクロポリスだけバスを利用すればいいかと思います。

またテッサロニキ考古学博物館ビザンティン文化博物館もおすすめです。

www.oni-taiji.com

www.oni-taiji.com

www.oni-taiji.com

www.oni-taiji.com

レストラン紹介

さすがギリシャ!安くて美味しいです。アテネのように世界的な観光スポットではないため、割安感があり、安心して楽しめます。

また、グリークサラダをはじめ、野菜の味がしっかりしている!

さすが太陽の国!っといった感じです。

www.oni-taiji.com

www.oni-taiji.com

宿泊したホテル

宿泊料はアテネに比べれば、やはり安めです。ただギリシャは一般的に水不足なのでしょう、シャワーなどで水圧が低いことが多々あります。お泊りの際にはレビューをしっかり見て選ぶのがいいかと思います。

今回のホテルはでオープンして間もないという事もあり、すべてきれいで、また部屋も広く、立地も良く満足でした。

朝食もとても満足できました。ギリシャヨーグルト大好きです

www.oni-taiji.com

最後に

2月という事で、思いのほか寒かったのですが、そこはギリシャ!太陽はまぶしく、晴天に恵まれたおかげでとても気持ちのいい日が続きました。

でも、ギリシャらしく、町は騒がしく、道路は一日渋滞だらけでしたが。

今回行ききれなかった教会や入れなかった施設がいくつも残っているので、リベンジは間違いなく行います。

一日も早い、世界的回復をただただ祈るばかりです。