さあ、飛ぼう!

ヨーロッパ発信の旅行関連情報

2020年 プラハでの夏休み・対岸のペトシーンの丘に登ろう!

【スポンサーリンク】

今回ご紹介するエリアは旧市街の対岸、プラハ城のあるフラチャヌィの丘同様に、眼下にラー・ストラナ地区を臨むペトシーンの丘から始めたいと思います。

f:id:Oni-Taiji:20201005060302j:plain

ペトシーンの丘へのアクセス

丘の麓のトラムの駅 Újezd 駅で下車、すぐ向かいにある同名のケーブルカーの駅からケーブルカーを利用して一気に丘の上に上がれます。おそらくこの方法が一般的かと思います。丘の上に出るとこちらからの人の流れが一番多かったように思いました。

f:id:Oni-Taiji:20201005064740j:plain

ケーブルカーは公共交通機関乗り放題の24時間チケットや私たちが利用した72時間チケットで利用可能です。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

www.oni-taiji.com

f:id:Oni-Taiji:20200825193014j:plain

それ以外にもマラー・ストナラ地区フラチャヌィ地区から徒歩でアクセスすることも可能です。

私たちが訪れた8月前半はコロナ禍であったにも関わらず、ケーブルカー乗り場には長い行列!

f:id:Oni-Taiji:20201006043408j:plain

30度以上の炎天下、20分以上待たされました(これが一番厳しかった)。

f:id:Oni-Taiji:20201005065505j:plain

 旅行情報 こちらのケーブルカーですが、公式サイトのタイムテーブルを見ると2020年10月5日以降メンテナンスにより運転停止となるようです。

丘の上の散策(フラチャヌィへ向かう)

さてケーブルカーで丘の上へ出るとすぐ目に入るのが庭園とその向こうに見える天文台!見学もできるようなので興味ある方は下記のリンクをご覧ください。

https://www.planetum.cz/

f:id:Oni-Taiji:20201006043525j:plain

さてここからは丘の上の緑の中をペトシーン展望台を目指して歩きます。

f:id:Oni-Taiji:20201006045652j:plain

ペトシーン展望台はパリのエッフェル塔を模した高さ60mの塔です。高台に建つ展望台のため非常に眺めがいいことで大賑わいでした。

f:id:Oni-Taiji:20201006050515j:plain

ペトシーン展望台は、歩いて上るかエレベーターを利用するかで料金が異なります(入場料のみの場合は階段利用で、エレベーターを利用する場合は追加料金)。

f:id:Oni-Taiji:20201006050040j:plain

さらにこの炎天下、再び並んで順番待ちする気にもなれず、近くの売店でビールを買って木陰で休憩となりました。

プラハの街並みやプラハ城でさえも眼下に見下ろせる絶景がこの展望台からは望めるらしいですが、この時はビールと木陰のほうが魅力的でした💦

休憩ののち、なんの心残りもなく続けて丘の上を横断していきます。

目指すは、ストラホフ修道院

途中、右手の木々の隙間から見えるプラハを眺めながら歩きました。

f:id:Oni-Taiji:20201006051121j:plain

目指すストラホフ修道院ビールの醸造も行っており、このルートを歩くと最後に丘を下るところに小さなビアガーデンがあり、この修道院のビールが飲めます(なぜここまで我慢できなかったか悔やまれた)。

ストラホフ修道院

さて、中途半端に飲んだビールが炎天下でさらに効き、ぼーっとしながら到着したストラホフ修道院ですが、ここでは、ストラホフ図書館を目当てに来ました。

f:id:Oni-Taiji:20201007040132j:plain

ここが入り口、さっそく入ってきましょう!大きな並木の正面にシリカが見えます。

f:id:Oni-Taiji:20201007040241j:plain

中には入れますが、入り口付近のみ入場可能となっており、鉄柵越しに教会内の写真を撮りました。

f:id:Oni-Taiji:20201008031256j:plain

そして下の写真がバシリカの隣にあるお目当てのストラホフ図書館です。

f:id:Oni-Taiji:20201007040622j:plain

目の前でお昼休みのためドアが閉じられました。

仕方なく木陰のベンチで頭を冷やします。修道院内には地ビールを出すビアホールもあります。とても有名な修道院ビールです。できれば夏にきて飲んでみてください!

f:id:Oni-Taiji:20201007041238j:plain

さて、木陰での休憩もバッチリ、午後一時の再開と同時に入場しました。

ちなみにこちらでも入場料とは別に写真撮影を行いたい場合はライセンスフィーを別途支払う必要があります。図書館へは階段を上り一つ上の階に進みます。

それではまず一つ目の部屋、『哲学の間』から。

f:id:Oni-Taiji:20201008031534j:plain

強い光が差し込んでおりやや色が飛んでしましました。大きくはないですが、ここの図書館もすごいの一言!。最近はイギリスやアイルランドでも大学の図書館などを訪れましたが、ここははるかに色彩が豊かです。天井のフレスコ画が素晴らしい!

f:id:Oni-Taiji:20201008031545j:plain

そしてもう一つの部屋が『神学の間』。こちらは先ほどの部屋より天井は低いのですが、その装飾とフレスコ画の素晴らしさにびっくり。

f:id:Oni-Taiji:20201008032157j:plain

この部屋でには地球儀や天球儀もおかれています。

f:id:Oni-Taiji:20201008033207j:plain

図書館とは思えない装飾のすばらしさに何度も目を奪われます。

f:id:Oni-Taiji:20201008033210j:plain

『哲学の間』『神学の間』ですが、残念ながら一般公開では立ち入ることはできず、各部屋の入り口(通路)から中をのぞくことなります。

双方の間を行き来する通路には様々な展示が行われており、日本語の説明パネルが用意されているので、それを借りて見学するとより深く理解できると思います。

f:id:Oni-Taiji:20201008033820j:plain

プラハ観光で外せないほどの価値のある施設だと思います。

是非、予定に組み込んでください。

市内から直接ストラホフ図書館を訪れる場合は、トラム22番、または23番を利用するとプラハ城の北面を走り抜けてこの教会のそばまで来れます(Pohořelec で下車)。 

 旅行情報 ストラホフ修道院(ストラホフ図書館)
住所:
Strahovské nádvoří 1/132 118 00 Praha 1- Hradčany
Tel:
+420 233 107 704

入場料:大人150CZK(約690円)、写真を撮る場合は別途50CZK

営業時間:日-土 09:00-17:00 (お昼休み12:00-13:00)
WEB:https://www.strahovskyklaster.cz/en/

ロレッタ教会

ストラホフ修道院まで訪れたらぜひ足を延ばしていただきたいのがこのロレッタ教会です。

f:id:Oni-Taiji:20201008043956j:plain

このカトリック教会はやや変わった形をしており、中庭中央にある『聖なる家を囲むように回廊として教会建物が建築されています。

f:id:Oni-Taiji:20201008045824j:plain

見学はまず一階の回廊部分を歩きながら回廊に組み込まれるように建てられた教会などを見てまわります(ちょうど中央の聖なる家の裏側)。

f:id:Oni-Taiji:20201008044425j:plain

思いのほか観光客を少なく、回廊で囲まれているせいかとても静かで心地よい教会です。回廊部分を半周するとバロック様式の礼拝堂となります。

f:id:Oni-Taiji:20201008044431j:plain

決して大きいわけではありませんがとても静寂感のある空間でした。

さて回廊を離れ中庭に出て『聖なる家』に入ってみます(下の写真中央の建物)。

f:id:Oni-Taiji:20201008044135j:plain

内部は外部の装飾と一転して、聖母マリアの家を模して造られたとのことです。

f:id:Oni-Taiji:20201008045719j:plain

回廊の2階部分は展示スペースとなっており、祭具などが展示されています。左側の写真は『プラハの太陽』と呼ばれる6222個のダイヤモンドを鏤めた祭具だそうです。

f:id:Oni-Taiji:20201008050251j:plain
f:id:Oni-Taiji:20201008050302j:plain

また、中庭は緑が多く、回廊形式になっている関係で日陰も多く、猛暑のプラハにあって最も涼んだ場所でした。そのため、ただぼーっとしながら中庭を眺めていたように思います。

f:id:Oni-Taiji:20201008050842j:plain

さらに教会の周りには、なんと26体のエンジェルたちの銅像が並んでいます。教会内にそれぞれについての説明があるので興味ある方はじっくり読んでください。

f:id:Oni-Taiji:20201008051136j:plain

 旅行情報 ロレッタ教会
住所:Loretánské nám. 7, 118 00 Praha 1-Hradčany
Tel:+420 220 516 740
入場料:180CZK(約830円)、写真を撮る場合は別途100CZK
営業時間:4月-10月 09:00-17:00、11月-3月 09:30-16:00
WEB:http://www.loreta.cz/domains/loreta.cz/index.php/en/welcome

まとめ

今回はペトシーンの丘を散歩してストラホフ修道院、ロレッタ教会と見学するルートをご紹介しました。我々は最後は暑さに負けて、トラム22番(23番)と15番を乗り継いでホテルに退散しましたが、ここからプラハ城そばのフラチャニ広場を目指したり、マラー・ストナラ地区へ下っていくものおすすめのルートです(自分たちは歩いていませんが)。

3泊の旅行で、とてもすべてを見て回れたわけではありませんが、今年のプラハの紹介はこれで終了といたします。見たところすべてをご紹介できておらず消化不良なのですが、うまく纏められず時間ばかり経過してしまったので、いったん終了とします。

次回は思いっきり寒い冬に行ってみたいと思っています(この状況だといつ行けるかわかりませんが)。