さあ、飛ぼう!

ヨーロッパ発信の旅行関連情報

ホテルレビュー・グランド ハイアット 福岡(Grand Hyatt Fukuoka)

【スポンサーリンク】

さて、今回は珍しく日本のホテルのレビューとなります。

滞在したのは九州・福岡の Grand Hyatt 福岡 です。

f:id:Oni-Taiji:20191002212926j:plain

ホテルの立地

そもそも九州初めの私にとっては、福岡の地理もわからず、博多駅からそれほど離れていないホテルということで予約をしました。

実際は荷物もあり、歩くにはやや遠いということで結局タクシーを利用しました。博多駅筑紫口からで約5分ぐらいだったと思います。

ホテルはキャナルシティ博多と隣接しており、ショッピングモールとの一体感を感じられるような作りになっています。

ホテルのエントランスロビーから見たキャナルシティ博多

f:id:Oni-Taiji:20191002214258j:plain

また、ホテル正面には清流公園などがある中洲エリアがあり、夜になると川沿いには様々な屋台が立ち並びます(中洲屋台横丁)

ラーメンのみならず様々な屋台が並びます。ちょっと聞いた限りだと日にもよるようですが、遅い日は深夜2時ぐらいまで空いていることもあるとの事。

f:id:Oni-Taiji:20191002215354j:plain

清流橋からの眺め。

f:id:Oni-Taiji:20191002215518j:plain

ホテルエントランス

ホテルエントランスロビーは広々としており、チェックインカウンターのほか、マティーニ―ズやバーフィズといったバーもあり、特に夜はキャナルシティ博多側のライトアップも影響してとても華やかです。

f:id:Oni-Taiji:20191002215126j:plain

f:id:Oni-Taiji:20191002215128j:plain
www.booking.com

部屋の様子

スタンダードなダブルの予約でしたが、角部屋のやや間取りの広い部屋をアサインしていただけました。

ベッドの硬さも程よく連泊できなかったのが残念!

f:id:Oni-Taiji:20191002220251j:plain

机の広さがもう少しあればと思います。

実際、ノートブックを置くとカツカツです。その正面にテレビがあるのも?です。

f:id:Oni-Taiji:20191002220301j:plain
f:id:Oni-Taiji:20191002220327j:plain

窓からは中洲・天神方面を見渡すことができます。

ミネラルウォーターとエスプレッソマシンは、最近ではこのクラスのホテルではスタンダードになってきましたね。

f:id:Oni-Taiji:20191002220338j:plain

窓側から入り口付近を撮影。

入り口わきには十分なサイズのクローゼットと荷物置き場があります。

左手はバス・トイレ。障子のような部分の内側がシャワースペースになります。この障子は開閉はできません。

f:id:Oni-Taiji:20191002220315j:plain

バス・トイレは非常に広々とした作りになっており、また正面の壁一面が鏡になっているのも影響しています。

f:id:Oni-Taiji:20191002221906j:plain

入って右手に浴槽とシャワースペースがあります。

シャワーの温度調節と比べ、浴槽に水をためる場合は、お湯と水それぞれの蛇口を調節する必要があり、適温にするのにやや時間がかかります(私の場合は、お湯のみ半分くらいため、その後、水を加えていき温度調整していきます)。

f:id:Oni-Taiji:20191002221911j:plain

アメニティはグランドハイアット共通の米国ブランド June Jacobs(ジューン・ジェイコブス)の Spa Collection です。

June Jacobs | Official Website

f:id:Oni-Taiji:20191002221919j:plain

中央に洗面台、左手にトイレといった配置です。

f:id:Oni-Taiji:20191002221937j:plain

洗面台はすべて透明のガラス製。

洗面台下の木のボックスにその他アメニティセットが入っています。

f:id:Oni-Taiji:20191002221941j:plain

まとめ

一泊だけでしたが、博多駅からも近く、また中洲の屋台や那珂川を挟んで天神方面へも徒歩圏内です。また、ホテルはキャナルシティ博多というショッピングモール・複合商業施設の一角にあり、とても好立地だと思います。

ホテル自体も大きく、施設も充実しており、長期滞在にも向いているようです。

次回はぜひ、数泊はしてみたいと感じています。

グランドハイアット福岡(福岡市)– 2019年 最新料金

www.booking.com