さあ、飛ぼう!

ヨーロッパ発信の旅行関連情報

英国航空ブリティッシュ・エアウェーズ エコノミークラス レビュー

【スポンサーリンク】

今回の日本旅行の帰りのフライトはブリティッシュ・エアウェーズ英国航空(BA)でロンドン経由にしてみました。一番安かったのがBA8便で羽田→ロンドン、そしてBA920便でロンドン→シュトゥットガルトというルートで到着時刻も早かったので、それにしました。この記事では主に長距離フライトのBA8便について話したいと思います。

先月のキャセイパシフィック・ファーストクラスのカナダ旅行のおかげでExecutive Clubのシルバー会員になれたため、今回はエコノミークラスのチケットを取ったにも関わらずラウンジや優先チェックインカウンター・ボーディングなどを使うことができました。

ラウンジ

東京羽田国際空港では出発前にBAと同じくワンワールド・アライアンスメンバーの日本航空サクララウンジを使うことができます。私は出発ゲートに最も近かったサクララウンジ スカイビューに入ることにしました。

JAL Sakura Lounge Haneda Tokyo 日本航空 JAL 桜ラウンジ 羽田 ビジネス ワンワールド

結構広々としたラウンジで椅子やソファは多く、とても清潔に保たれていたので快適な時間を過ごせます。トイレやシャワーも設備されており、無料で使用できます。

JAL Sakura Lounge Haneda Tokyo 日本航空 JAL サクララウンジ 羽田 ビジネス ワンワールド

まだ朝9時だったにも関わらず食事もしっかり用意されており、JALラウンジ名物のビーフカレーなどの和風料理のほか、ヨーロッパで一般的なパン、チーズ、ハムなどもありました。飲み物コーナーの方も充実していて一般的なソフトドリンクやコーヒー・お茶は勿論、抹茶オレやメロンソーダのような日本でしか楽しめないものもありました。

JAL Sakura Lounge Haneda Tokyo 日本航空 JAL サクララウンジ 羽田 ビジネス ワンワールド

全体的にとても明るくて綺麗なラウンジで、食事もしっかりしていたのでとてもお勧めです!

搭乗

搭乗の準備は10分程の遅れで整い、グループ方式でファーストクラス、ビジネスクラスoneworldステータス会員が先に搭乗できるようになっています。私が持っているExecutive Club Silverステータス、もしくはoneworld Sapphire会員はグループ2になるので、ファーストクラスの乗客とoneworld Emeraldステータスの持ち主の直後に搭乗できます。

Haneda British Airways B777 羽田 BA 英国航空 ブリティッシュエアウェーズ ワンワールド oneworld

先に搭乗できることにより、手荷物をしまうスペースがない心配などがなく、あまり混みごみしていなくて他人の迷惑になることなくゆっくり写真を撮ることができるので、とても助かります。

British Airways B777 Haneda Tokyo 英国航空 羽田 東京 ブリティッシュエアウェーズ ワンワールド oneworld

シート

ブリティッシュ・エアウェーズの羽田→ロンドン便はB777-300で運営されており、エコノミークラスには3-3-3形式で185席あります。他の航空会社の中には3-4-3と一列10席のレイアウトを使用するところもあるので、それほど悪くありませんね。

座り心地はよく、他のエコノミークラスのシートより背もたれを倒せる気がしました。ヘッドレストもしっかりしていて頭をしっかり支えてくれるので、とても寝やすいシートですね。

British Airways B777 Haneda Tokyo 英国航空 羽田 東京 ブリティッシュエアウェーズ ワンワールド oneworld

チェックイン時に非常口際の列が空いてると言われたので、そこの窓側の席を選びました。普通に足を伸ばすとドアの非常スライドが邪魔になりますが、隣の席も空いていたので離陸後真ん中の席へ移動しました。

窓側を除く席は背の高い方でも足を伸ばせるのでお勧めです。但し、トイレのすぐ隣なので、人通りが多く、足がぶつかったりしてしまうこともしょっちゅうあります。また、キャビンは消灯されてもドアの開閉の際に光が漏れたりするので、睡眠をとるにはアイマスクが必需品と言っていいでしょう。

食事/サービス

 英国航空の日本ルートでは常に日本語を話せるスタッフがいて、アナウンスなども日本語で流れます。なぜか、飛行機などで日本語で話しかけられると少し喜んでしまう私ですが、別に英語が苦手というわけではありません。どちらかというと、普段あまり日本語を使うきっかけがないことや、日本の方のほうがサービス精神を感じられるからだと思います。ステータス会員だからか、搭乗時の挨拶やリクエストの対応の時も日本人のCAは私を名前で呼んでくれたり細かいところにも注意を払っていることが伝わってきました。

次に食事についての話をしたいと思うのですが、あいにく第一の機内食を寝過ごしてしまいました。(汗)離陸3時間後程に目が覚めたら、すぐキャビンアテンダントから声を掛けられ食事を勧められましたが片付けなどで大変そうだったので遠慮しておきました。

着陸2時間程前に第二の機内食が出ました。今回はちゃんと起きてました!(笑)

選択肢はチキンかパスタと二つありましたが、私はチキンを選びました。

British Airways B777 Haneda Tokyo 英国航空 羽田 東京 ブリティッシュエアウェーズ ワンワールド oneworld

今まで機内食で御飯と照り焼きチキンで失敗したことがなく、今回も美味しく食べることができました。添えてあったポテトサラダは妙に硬く、少し芋を生で食べているみたいな感じでした。そのかわり、デザートのチョコレートマフィンはふわふわして絶品でした。やっぱり機内食好きです~(^^)

エコノミーの機内食に趣を感じるのって私だけでしょうか?(汗)

まとめ

ついこの前キャセイのファーストクラスに乗ったこともあり特にサービス面ではあまり期待していませんでしたが日本人CAの熱心さには驚きました。他の航空会社のビジネスクラス並みといってもおかしくないでしょう。

シートも長時間座って特に不満なところはなかったので、これからの日本旅行英国航空を使いたいと思います!