さあ、飛ぼう!

ヨーロッパ発信の旅行関連情報

アイルランド・ダブリンでの夏休み・是非訪れてほしい観光スポットの紹介! その2

【スポンサーリンク】

さて、前回に続き短い夏休みを利用して訪れたアイルランドの首都ダブリンの観光スポットの紹介です。

www.oni-taiji.com

f:id:Oni-Taiji:20190915220800j:plain

テンプルバー界隈

ダブリンで最も人通りが多い、石畳の歩行者天国。いろいろなショップ、レストラン、そしてパブが立ちならぶ、旅行者で立ち寄らない人はいないのでは、というほど有名。

f:id:Oni-Taiji:20190915235608j:plain

ダブリン湾に流れ込むリヒュー川沿いのバス通りから一つ内側に入った川と平行にある通りです。通りの名前自体がテンプル・バー(Temple Bar)となっています。

そして、通りの名前の象徴のように存在する The Temple Bar が一番賑やかなあたりにあります。

f:id:Oni-Taiji:20190915235541j:plain

ここでは、多くの人が足を止め写真を撮るため、度々行き来するのが大変になるくらいの混雑になっていることもありました。

f:id:Oni-Taiji:20190915235559j:plain

このあたりのパブに入れば、黒ビールは何もギネスだけでないとばかりに、さまざまなアイリッシュビールを楽しむことができます。

f:id:Oni-Taiji:20190915235000j:plain

A05 地球の歩き方 アイルランド 2019~2020

A05 地球の歩き方 アイルランド 2019~2020

 

 Teeling Whiskey Distillery(ウイスキー蒸留所)

 アイルランドといえばアイリッシュビールだけではありません。アイリッシュウイスキーだって有名です。

今回ご紹介するのは町からそう遠くない場所にある Teeling Whiskey Distillery です。

Who We Are - Teeling Distillery

町の中心からは歩いて20分程度でしょうか。途中、聖パトリック大聖堂などもあるのでそれほど退屈することはありません。

見学はガイド付きツアーとなっており有料です。ウイスキーの蒸留所の中を見て回り、最後に試飲ができます。

f:id:Oni-Taiji:20190916025923p:plain

見学料は試飲するウイスキーのコースにより異なっています。

f:id:Oni-Taiji:20190916025945p:plain

試飲するコースを決めたら指定された時間まで待ち、ガイドツアー開始です。

f:id:Oni-Taiji:20190916030109j:plain

もちろん英語のガイドのみですが、きちんと『英語』で話してくれます(アイリッシュ・イングリッシュではありません)。

f:id:Oni-Taiji:20190916030152j:plain

発酵中のもろみの樽を覗くことができます。

f:id:Oni-Taiji:20190916030204j:plain

蒸留するためのポットスティル。それぞれに名前が付けられています。

f:id:Oni-Taiji:20190916030238j:plain

蒸留の済んだウイスキーは樽に詰められて、ある程度の期間、貯蔵されてから瓶詰されます。

f:id:Oni-Taiji:20190916030231j:plain

見学の最後に試飲です。

下の写真は3種類のウイスキーを試飲した時、グレンウイスキーシングルモルトウイスキーなど、代表的な Teeling のウイスキーが味わえます。

f:id:Oni-Taiji:20190916031330j:plain

一番安い見学料の場合は、下記のようにウイスキーとオリジナルカクテルのセットとなります。

f:id:Oni-Taiji:20190916031343j:plain

アイルランドウイスキーを飲むのは、実はこれが初めてでした。正直な感想は、比較的標準的な味わいで、よく言えば、それなりに美味しい、悪く言えば、個性にかける、といった感じです。

f:id:Oni-Taiji:20190916032252j:plain
f:id:Oni-Taiji:20190916032303j:plain
f:id:Oni-Taiji:20190916032311j:plain

値段のほうは、よくよく調べてみると、空港のほうがやや安く、一番安く買うには、よく利用するドイツのウイスキー専門 Online Shop で買うことと判明!

ややガッカリです、、、。 

ダブリンの街中や川沿いを散策

当たり前ですが、ダブリンは港町です。それにも関わらず、あまり海を感じることなく観光をしていたのですが、よく見ると頻繁に見かけるカモメ

f:id:Oni-Taiji:20190916033049j:plain

旧市街でのショッピングも楽しい。お店それぞれに個性があり、見てるだけでも楽しくなります。

f:id:Oni-Taiji:20190916034646j:plain

重厚な建物とポップアートの融合。

f:id:Oni-Taiji:20190916034433j:plain

石畳の道を歩いていると、こんなところにも遊び心が!

f:id:Oni-Taiji:20190916034452j:plain

昔ながらのデザインの館や商館はさすがに堂々としている。

f:id:Oni-Taiji:20190916034455j:plain

リフィー川を挟んで旧市街から見た対岸。

f:id:Oni-Taiji:20190916034511j:plain

橋のデザインは海を感じませんか?

f:id:Oni-Taiji:20190916034509j:plain

改めて橋の上より旧市街側を眺める。

f:id:Oni-Taiji:20190916034517j:plain

最後に

正直言って、行ってないところが多々あり、自分的にはもっと時間が取れていればという気持ちでいっぱいです。

夏の旅行でしたが涼しさが大陸側とは違うようです。

ダブリンという町は確かに首都ではありますが、大国の首都とは異なり、落ち着いた雰囲気を漂わせるとてもきれいな町でした。

イギリスに似ているようで、少し違う。そんなところも楽しかったです。

A05 地球の歩き方 アイルランド 2019~2020

A05 地球の歩き方 アイルランド 2019~2020