さあ、飛ぼう!

ヨーロッパ発信の旅行関連情報

今年も7月はツール・ド・フランス! フランスアルプスのレストランで食べるサヴォア料理

【スポンサーリンク】

今週のお題「夏休み」

ツール・ド・フランス第18ステージ観戦後、車を走らせること約2時間。本日の宿がある村Lanslebourg-Mont-Cenis(ランスルブール・モン・スニ)に到着。

チェックインを済ませた後、早速村へと繰り出しました。スキーリゾートらしくメインシーズンは冬だと思われますが、夏もハイキングなどに訪れる人がそれなりにいるようで、メインストリート沿い(長さは700mぐらいでしょうか)にレストランやお店が並んでいます。

f:id:Oni-Taiji:20190731035730j:plain

レストラン探し

レストランの数もそこそこあり、どこに入ろうかと壁に貼られたメニューをチェックしながら通りをぶらぶら。せっかくだから地元の料理が食べられるレストランがいいよねということでHotel Restaurant “Le Relais des 2 Cols” を選びました。

お店に入ってみると、思ったよりも広かったのですが室内はもう満席。ちょっと空模様が怪しい感じだったので最初は室内席を希望していたのですが、テラス席ならまだ空いている(それでもほぼ満席)ということだったので、テラス席にしました。

ラッキーなことにその後お天気が崩れることはなく、却ってテラス席のほうが気持ちよくって正解でした。

f:id:Oni-Taiji:20190729233932j:plain

今日は山の中でのツール観戦だったので食事らしい食事はこれが初めて。食べる気満々でメニューにじっくり目を通します。

何を食べよう!

このあたりはフランスの山岳地でサヴォアという地方です。チーズの産地として有名でお料理もチーズを使った料理が多いです。日本ではスイス料理として知られるチーズフォンデュやラクレットですがサヴォアのチーズを使った代表的なサヴォア料理の一つとして確固たる位置を占めています。私たちは頼みませんでしたが、このお店にももちろんチーズフォンデュとラクレットがありました。

f:id:Oni-Taiji:20190729233934j:plain

前菜+メイン+デザートというコース料理が何種類かあったので、その中から22€のコースと26€のコースを注文することにしました。22€のコースは前菜とメインそれぞれ3種類の中から1つを、26€のコースは前菜3種類、メイン4種類の中からそれぞれ1つを選びます。26€のコースではデザートの代わりにサヴォアチーズの盛り合わせという選択肢がありました。

そしてデザート。メニューにはただ自家製デザートとしか書かれていませんが、デザート専用メニューが別にあって、かなり沢山の選択肢があります。

f:id:Oni-Taiji:20190729233946j:plain

飲み物はそばのテーブルのお客さんが飲んでいたのが美味しそうだったので、ハウスワインのロゼ500mlを頼みました。ワインはチーズに次ぐサヴォアの特産品です。

f:id:Oni-Taiji:20190729234005j:plain

22€コースの前菜 ボーフォールチーズのタルト サラダ添え

f:id:Oni-Taiji:20190729234011j:plain

26€コースの前菜 ボーフォールのクレームブリュレ

ボーフォールというのはこの地方で造られているチーズの1つです。

f:id:Oni-Taiji:20190729234031j:plain

22€コースのメイン 子羊の煮込み 

子羊の煮込み自体はフランスどこにでもあるお料理だと思いますが、使われている子羊肉が地元産でした。

f:id:Oni-Taiji:20190729234038j:plain26€コースのメイン 牛ヒレステーキのブルーチーズソース 

これも牛ヒレステーキだけならどこにでもあるわけですが、ソースに地場のブルーチーズが使われています。とてもマイルドなブルーチーズでした。

写真を見ていただいたらわかるように、付け合わせはどちらも共通で、サヴォア風ジャガイモのグラタン、季節の野菜の煮込み、そしてポレンタです。ポレンタといえばイタリア料理として有名ですよね。ここはイタリアとの国境に近いので、結構イタリア料理の影響も受けているようでした。
f:id:Oni-Taiji:20190729234040j:plain

デザート フロマージュ フレ(フレッシュチーズ)のフランボアーズソース 

酸味と甘みのバランスが良いさっぱりとした軽めのデザートでした。
f:id:Oni-Taiji:20190729234053j:plain

デザート キャラメルパフェ(キャラメルアイス、バニラアイス、生クリームにキャラメルソースがかかっています) 

こってり甘い重めのデザートでした。

ちょっとおしゃれな家庭料理という感じで、どれも美味しく大満足の夕食でした。

最後に

新たな発見がサヴォアのロゼワインが思いのほか良いということでした。有名度や生産比率的には白ワインが強いので、私たちもこれまではもっぱら白ワインを飲んでいてロゼは初めてでした。レストランで飲んだのが美味しかったので、その後スーパーや物産店で3本買い、うち2本を飲んだのですが、共通するのはどれもフルーティーな香りのする軽やかなワインだったということ。口当たりが良く飲みやすかったです。

サヴォア全体なのかこの近辺だけなのかはわかりませんが、ブルーベリーも特産品の1つのようです。複数のレストランやお惣菜屋さんで自家製ブルーベリージャムを売っていました。ブルーベリーが使われているお料理も目につきました。

今回のレストランでも22€コース、26€コースともにメインにブルーベリーソースが使われているお料理が入っていました。後日、村のお惣菜屋さんでブルベリーソースの中に浮かんでいるサヴォアソーセージも目にしました。

www.oni-taiji.com

www.oni-taiji.com