さあ、飛ぼう!

ヨーロッパ発信の旅行関連情報

南仏プロヴァンスの風景・Velleron(ヴェルロン)の生産者直売市がすごい!

【スポンサーリンク】

 Velleron(ヴェルロン)の町のはずれの駐車場が夕方から生産者直売市に変わる!

Pernes-les-Fontaines(ペルヌ・レ・フォンテーヌ)とL'Isle-sur-la-Sorgue(リル・シュル・ラ・ソルグ)の中間ぐらいに位置するVelleron(ヴェルロン)ではほぼ年間を通して月曜日から土曜日の18時から生産者直売の市が立ちます(一部の祝日を除く。冬は16時半から)。

私たちは春から初夏にかけて、または秋に訪問する機会が多いです。

f:id:Oni-Taiji:20190428012622j:plain

場所は町のはずれにある駐車場の一部。約30軒ぐらいの出店が立ちます。日によっても混みぐあいは異なるでしょうが、できれば駐車場を確保するためにも18時前には到着しておきたいところです。とにかく、いつ行っても駐車スペースを探すのが大変なくらい混んでます。

市の入り口にはパン屋や肉屋、パエリヤ屋なども出店していますが、主役はあくまでも季節の野菜や果物、チーズなどです。

よく見ていると異常に列をなして混んでいる店と全く人だかりのない店が随所にあります。でも決して値段が判断基準ではないようです。

行列のできる店ではすぐに20-30人の列ができたりもします。少なくともここではみなルールを守って?きちんと並んで順番を待っています。

f:id:Oni-Taiji:20190428012517j:plain

f:id:Oni-Taiji:20190428012605j:plain

我々も毎回、新鮮な野菜や果物、ときにはヤギのチーズを数種類買って、プロヴァンスでのヴァカンスを楽しみます。特に野菜の味がしっかりしており、サラダにしても火を通してもドイツのスーパーで手に入る野菜とは全く異なります。

f:id:Oni-Taiji:20190428023856j:plain

好みはそれぞれでしょうが私の一押しは春のグリーンアスパラガスです。

f:id:Oni-Taiji:20190428023709j:plain

プロヴァンスでは毎日、いろいろな町で朝市が立ち、住民や旅行者でにぎわいますが、この町の市はどこの市よりの生産者直売らしさ?が際立ちます。それと夕方の市なので夕食の買い物にぴったりです。

是非、このエリアに立ち寄ることがあれば訪れてみてくださいね。